第十六章・広間者〜チャクラが輝く光の講座〜

リーディング・マスターまさみち のリーディング心理学・応用講座です。

広間者講座について。

第十六章・広間者講座

よく見る個性から紐解く視座別解説講座です。

目次
1,チャクラとは
2,チャクラについて
3,広間者という視座の働きについて

1,チャクラとは

意識の使い方や、見えないもの(雰囲気や、感覚重視とした違和感などを察知し、言葉にならない微細なもののことなど)について学びたい人、リーディングについて教えている講座です。
講座はどこから学んでも良いですが、「いろは講座」から必ず受けてください。それ以降は、自由です。

リーディングは、読み解く力とも、知る力とも、考える力とも表現出来ますが、自分と語り合う力でもあります。言葉は、様々な意味合いを含んでおり、一つの言葉を取り上げても、その時の状況、関係性、中身などは変わるものです。そんな言葉の奥深さを教えつつ、意識の使い方も実践ワークを交えて教えて行きます。

チャクラって何?
心のこと、精神のこと、見えないもののことについて学ぶようになると、「チャクラ」なんて言葉に触れたことがあるかと思います。

ググれば、様々な情報が得られますので、それらも参考にしつつ、読んでください。

チャクラとは、サンスクリット語で円盤や車輪と訳せるものですが、私がみなさんに教えたい事としてのニュアンスは「波紋」です。
水面に雫が落ちて、波紋が広がる光景を思い浮かべてください。
心とは、そんな波紋のように出来ており、幾つもの波紋が広がり合う間にあるものです。
広間者と名付けるのは、そんな波紋の広がりで出来ている心を眺め見る、眼差しの視座のことであり、チャクラをコントロールする力を有するものです。自身の中に次々と浮かび上がる、様々な相念や雑念、思考や感情など、色々な働きがあります。
作業に集中しようとすると、気が乱され、打ち込めない体験はありませんか? そんな状態を「チャクラが乱れている」と称して、意識を改めることで、気を整え、集中できるようにするのです。

チャクラとは、思いの波紋であり、大別すると、7つに分類できるもののことです。視座別解説講座としては、21に分類しており、その16番目にあたるこの広間者の視座の中では7分類として管理するものです。

前回開かれた15章・笑利者講座では、五行を扱うので、視座を5つに分類して管理するものです。

講座では、その視座特有の眼差しがあり、その眼差しによって世界に対する見方や、解釈が変わり、広がりを見せ、客観と主観が一体となるものだと教えているものです。

2,チャクラについて

第1チャクラ

 仕事をする。義務を果たす。専門的になる。自己改革を持つ。

第2チャクラ

 家族と過ごす。共に学ぶ。一緒にやる。手を引く。分け与える。笑い合えるよう努める。信じる。任せる。尽くす。鍛える。

第3チャクラ

 行動で変える。従う。助ける。底支えとなる。達成させる。

第4チャクラ

 仲間に入れる。譲り合う。認め合う。工夫する。応える。癒やす。

第5チャクラ

 周りを気遣う。他人を大切にする。自分を大事にする。

第6チャクラ

 誠実である。親身である。本質を見抜く。共にある。

第7チャクラ

 良好な関係を保つ。救う。決心する。道を改める。

講座内で紹介する、チャクラの概要です。
各チャクラの働きを正常化させていく方法を教えて行くものです。

リーディングなど、見えないものを見抜く力は、第6チャクラと認識されがちですが、視座として分解すると、⑥安定者、⑪最愛者、⑬親和者ですので、高い視座が内包されている訳ではないことを知る必要があります。

第6チャクラの改善を願う方は、⑥安定者、⑪最愛者、⑬親和者講座がオススメです。

リーディングとした意識の使い方や、雰囲気の読み解き方は、何も視覚に特化するものではありません。全感覚器官を総動員するようなものですので、第1チャクラとか、第6チャクラとか、第7チャクラとかで分けて考えるものではありません。

心が傷つき、解釈が歪むと、どのチャクラにどんな影響が出ているかがわかるため、7分割しているものだと解釈すると良いです。

通常は、7つが一体となり機能しているものが、チャクラです。

チャクラ鑑定は付いていませんので、ご了承ください。

そういったもの(見えないものの鑑定書)を自身で創り出せる力を持つ切っ掛けには繋がるかも知れません。チャレンジしてみてください。

チャクラは、人と人との関係性で輝く度合いが変わるものです。
自身が輝いていて、相手を輝かせる力があるほど、自身の光で、相手の闇を祓うことが出来る力を示します。

自分を輝かせることは、自分の言葉や関わりで、他人が見違えるように笑顔になる人のことを指します。

チャクラを活性化させましょう。

3,広間者という視座の働きについて

広間者は、単に人間のことを指しているものです。
喜怒哀楽があり、良い部分も悪い部分もあって、とても表情豊かで、可愛らしい存在であることを示している眼差しのことです。

自身が爺婆といった、様々な体験を経て来たなら、若い人たちの色んな衝突や体験を微笑ましく見ているような、そんな眼差しが広間者です。

自身が直接関わるならともかく、関わり合いがないなら、静かに眺め見る力があることを知っていてください。

テレビや映画など、直接触れることも、話しかけても意味がないけれども、熱くなることがありませんか?

その熱い状態を、微笑ましく見ている眼差しが広間者です。

コントロール出来ても、手を出しません。

自分を見失うほど、テレビに夢中ですし、映画にはまり込んでいるので、そっとして眺めるだけなのです。

ただ、テレビも映画でもないリアルな現実でも、映画さながらの迫力のアクションをこなしたり、激しく慟哭することを自分が本当に望んでやっているのか、望んでいないことをしているとわかるようになると、広間者の眼差しは、コントロールしてみる気持ちになってきます。

そうすると、学びがはじまります。

映画さながら、師が現われます。

指導を受けて、自分を知るようになります。

自分が熱中しているものにハマり込みつつ、冷静になることがわかるようになります。熱さと冷たさを同時に抱けるようにもなります。

一度に全てを掌握することは、この講座でも不可能です。

人の心を、21分割した、たった16番目の眼差しの在り方を知るだけですから。

心は広大です。

それでも、チャクラの扱い方の基礎に触れるだけでも、可能性が開かれます。動けない自分が、動ける自分に改める切っ掛けを持つことが可能になります。

許されないとしていた自身を許し、嫌っていた相手と仲直りの道に踏み出せます。

心の雨音を聞いてください。

心の雫が波紋を生み出し、それが広がり合って、人の心とぶつかり合い、波紋が波紋を生んで、共振し合っている世界にいるのです。

あなたの気持ちひとつで、世界は様々な姿を見せてくれます。

広間者講座から、可能性が開く人は以下のような方々です。

1,何もする気がなくなってしまっている。
2,八方塞がりになり、どこにも行き場がない感覚になっている。
3,思うような自分で居られなくなっている。寝てばかりいる。
4,自分を変えたい。
5,ここからはじめたい。
6,知らないことを知りたい。
7,自身の闇の心を晴らしたい。
8,勉強したい。
9,気の世界に興味がある。
10,心について学びたい。
11,心の仕組みを知りたい。
12,悲しみを無くす力がほしい。
13,効果が得られる力について本物か確かめたい
14,わかり合えるようになりたい。
15,サポート出来る人になりたい。
16,素直になりたい。
17,人の役に立つ力を身につけたい。
18,成功したい。
19,笑いたい。
20,元気になりたい。
21,話がしたい。

以上のような方には、広間者講座は有効です。
座学もあり、知識も授かります。
実践ワークもあり、体感覚でしか得られない気づきも起きます。

繋がり合う人と人との間で「心」というものは働く為、繋がりを切り換えなければ、発想も、価値感も変えられる自由が得られません。

広間者講座は、「良い面」と「悪い面」が例えあっても、「良い面だけを人に見せて」おくことの、奥深さを学ぶところです。納得して腑に落ちると、価値感が変わってしまうものなので、講座は個人カウンセリングを3回受けるくらいの価値があるものです。

良識があるが故に、人と衝突してしまうことがあります。
「人生に正解はありません」と教わろうとも、目の前の出来事に、一喜一憂するものです。そして正しく在ろう、気持ち良くいたい、楽しくなりたいと願いつつ、イライラし、怒りつけ、泣いて、ため息をついてしまうものです。

リーディング力は、自分で意識を切り換える力として役に立つものです。

来てみてください。
受けてみてください。
新しい発見をする楽しさを見つけてください。

10章・公安者講座では、閉眼から開眼を学びます。
11章・最愛者講座では、哀眼から愛眼を学びます。
12章・安心者講座では、稚眼から治眼を学びます。
13章・親和者講座では、死眼から生眼を学びます。
14章・立役者講座では、偽眼から正眼を学びます。
15章・笑利者講座では、陰眼と陽眼を合わせて陰陽眼を学びます。
16章・広間者講座では、波眼と紋眼を合わせて波紋眼を学びます。

リーディングなどを駆使した心理カウンセリングに関心がある方、一歩踏み入れ、取り組んでみませんか?

対人関係の根源的な問題が解説されており、夫婦間、親子間でも拭うことの出来なかった謎がわかります。その解決策も知れます。

毎月一つずつ、講座が開発されて提供されています。
講座内容も全てリーディングですので、書いている私も自動書記のように降ろして書いているもので、予測していません。

そうしたリーディングの世界に興味のある方、楽しい気持ちで学んで見ませんか? エゴは、様々な問題を隠すものですが、悪い働きばかりではありません。善かれが悪かれで現れることもあるので、改めよう! という話です。自分の知識を凌駕する体験を、自身の中から起してください。
自分の中から閃きで知恵を授かる体験が起きると、意識を切り換えるのが簡単になります。

さぁ、リーディングのある人生を歩き出しましょう。

講座は繰り返し、開かれます。
1〜15章を受けたい方は、お問い合わせ、リクエストしてください。

場所:茨城県潮来市日の出8丁目14番地2 レンタルルームホリスパリティ
時間:10:00〜17:00 6コマ 50分講義10分休憩 昼休み60分
費用:17,600円
先払い、当日払い